teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


レスありがとうございます!

 投稿者:元・アルバイト  投稿日:2010年 4月18日(日)01時18分27秒
  塾長様、レスありがとうございます。

正直な話、後のお店では仕事をしていてあまり楽しくありませんでした。
ライン作業的な感じで仕事せざるを得なかったので、頭を使う余地がなかったと言うか……(しょせんはたかがアルバイトなので万年下働き・永年ルーティン担当なのですが……)。

最近の書店は、他店との差別化を図るために接客技術に注目しているようです。
けれども、商品で差をつけられないことの言い訳のようにも感じました。
 
 

元アルバイトさんへ

 投稿者:塾長メール  投稿日:2010年 4月17日(土)08時11分20秒
  投稿ありがとうございます。

書店に余裕が無くなったせいでしょうかね。
「本屋」が消え、「書店」や「チェーン書店」が増えました。
書店も商売である以上は、売上や効率も追求せざるを得ませんが、それに汲々としている書店はきっと「本屋の楽しさ」を無くしているのではないかと思います。

「本が好き、本を売るのはもっと好き」だから長年書店で働いてきたし、これからもそうありたいと思っているのです。
 

書店のありかた

 投稿者:元・アルバイト  投稿日:2010年 4月15日(木)17時41分53秒
  初めまして、通りすがりの元・書店アルバイトです。都心の某大手書店でのアルバイトの後、他の大手チェーンでアルバイトしましたが、商品管理のやり方から社風から違っていて面食らうことの連続でした。


先の職場はよく言えば家庭的、悪く言えばなぁなぁな感じ。人数は厳しく残業もありましたが、人間関係はまったり系の雰囲気。棚の本や分類を覚えるとか、そういったことを重視する傾向(職人的と言えるかもしれません)。

後の職場は効率重視で、とにかくいかに作業を手早く機械的にこなすかといった感じ。当然、人数は最小限。レジを通した段階で自動発注しているので常備スリップは捨ててしまい、常備でないスリップも見ないで廃棄。問い合わせも大半は入れ替わりの激しい学生バイトが対応しているので、その場で棚番を調べるだけ。知識よりもとにかくスピード。

そういった印象を受けました。

こういったご時世ですし、後者のほうが現代にはあっているのかも知れません。
よく考えれば、他書店もほとんど自動発注(NOCSとかT-NETSとか)になっています。
番線印を押したスリップを流す式で本を管理しているところは、やはり古いのでしょうか?

いろいろな意味で、考えてしまいました。
 

塾長さまへ

 投稿者:にがいちご  投稿日:2009年 7月27日(月)22時58分15秒
  書き込みしてくださったのに、お返事が遅くなり、申し訳ありません。
正社員もアルバイトも、誰一人として悪い人はいないのですが、お互いに距離を置いて接しています。
遠慮しすぎているという感じです。
「グッド&ニュー」は、面白そうですね。私はお店のことに口を出せる立場ではないので、店長への提案も出来ないのですが、良いことを教えていただき、ありがとうございます。
以前に勤めていた店で、似たようなコトをしていたのを思い出しました。
開店して1年ちょっと、店も従業員も、今が一番踏ん張り時なのかも知れません。
 

従業員同士の雰囲気が悪いとき

 投稿者:塾長メール  投稿日:2009年 7月20日(月)06時11分14秒
  お店はチームですから、チームワークが悪いと従業員同士の雰囲気が悪くなり、その結果売上は上がらないし退職者も多くなってしまいます。人手不足で忙しいのでカリカリしてしまうという悪循環に陥ります。
誰しも楽しく働きたいと思っているのに、それがうまくいかないのは結局はコミュニケーションが悪いということです。何の悩みもなさそうな自然界の植物でも、それぞれが少しずつ我慢しながら根を生やして生きているそうですから、人間もそれぞれが少しずつ我慢しなければならないでしょう。
「グッド&ニュー」をご存知でしょうか。朝礼にこれを取り入れて雰囲気が良くなった例が多いのです。自社でもやっていますが、結構効果があります。具体的なやりか方は下記のブログを参考にしてみてください。

http://syotenjukuword.blog.shinobi.jp/Date/200802/1.html
 

塾長さまへ

 投稿者:にがいちご  投稿日:2009年 7月 6日(月)00時05分40秒
  塾長さま、私の不十分な説明の中、丁寧で的確なお返事をありがとうございます。

先週、アルバイトの一人が体調不良のため、今月10日をもって退職することになりました。
さすがに店長も危機感をもったのか、明日(6日)から新しいアルバイトが来るそうです。
長く働いてくれるといいのですが、今は従業員同士の雰囲気もあまり良くなくて、新しく来てくれる人に気の毒に思います。
 

130万円枠

 投稿者:塾長メール  投稿日:2009年 7月 2日(木)07時22分15秒
  にがいちごさんへ

いつもありがとうございます。

130万円を越えないように働きたいというのは、ご主人の健康保険の被扶養者を外れたくないという意味でしょうね。家族手当の限度もあるかも知れませんね。一番多いのは103万円の枠内で働きたいというケースです。いずれにしても、この問題はどこの会社でも起こる問題ですが、年収枠を越えないように年末の忙しい時に休むとか、退職するという事態は避けたいものです。

まずは店長さんときちんと話し合いの場を持ってはいかがでしょうか。ひょっとしたら店長さんは、パートさん達の切迫した事情を理解していないのではないでしょうか。この問題は人事・労務関係の問題なので、もし店長さんが若い方ならばきちんと理解できていない筈です。一人では言いにくいでしょうし、お店全体の問題ですから、他のパートさん達と一緒に店長さんと面談する機会を作ってもらった方が良いでしょう。もしチェーン店ならば、本部の人事の人にも聞いてもらう方が良いかも知れません。

今のような不況時に採用できないということはありません。応募者をえり好みしているということは、切迫感が無いような気がします。あるいは募集の仕方に問題があるかも知れませんが、そこまで踏み入るのは得策ではないでしょう。決して店長を責めるような言い方ではなく、自分達が非常に困っているということ、それがひいてはお店にとっても困る状態(退職)になるということを訴えるべきでしょう。

尚、すぐにアルバイトが入社したとしても、現状の人員不足で既に働き過ぎているでしょうから、このままでは年末に休まざるを得ないと思われます。毎月の給与明細を計算しておき、お盆とか9月~10月に休みを多く取って事前に調整しておく必要があるでしょう。日々の勤務でも、時間差を設けて短縮するなどの工夫が必要になるかも知れません。

事情が分からないので見当はずれの回答になったかも知れませんが、悪しからずご了解ねがいます。
 

ご意見をお願いします

 投稿者:にがいちご  投稿日:2009年 6月30日(火)22時54分15秒
  書店塾をいつも拝見させていただいております「にがいちご」ともうします。
今日は、みなさんのご意見をいただきたくて、書き込みいたします。
現在勤務している書店は、正社員4名、アルバイト9名です。
そのうち、私を含めた3人が130万までの収入で働きたいと希望しています。
しかし、人手不足で、どうしても出勤が多くなり、このままで行くと12月には130万を超えてしまいそうです。
店側はずっとアルバイト募集を出していて、面接もしているのですが、採用はしていません。
このままの勤務を続けると、130万を超えないためには11月で退職しないといけません。
本当は、辞めずにずっと働きたいのですが、どうしたらよいでしょうか。
わかりにくい説明で申し訳ありません。みなさまのご意見お願いします。
 

再開します

 投稿者:塾長メール  投稿日:2009年 5月10日(日)06時49分44秒
編集済
  【書店塾】の会議室を再開します。
ご質問やご意見などをお寄せください。
みんなで考えていきましょう。
 

レンタル掲示板
/1