teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


展示ケース要りませんか?

 投稿者:渡邊@県図  投稿日:2013年 6月19日(水)11時39分23秒
  四本足のガラスケースです。相当重量がありますが頑丈な代物です。どなたか必要なところがありましたら、取りに来てくださることを条件として差し上げます。
ケースのサイズは、
展示面が縦90cm×横179cm。足の長さが65cmで、全体の高さは118cmです。
お問い合わせは、高知県立図書館(088-872-6307)渡邊まで。なお差し上げるのは、ミュージアムネットワーク会員館に限らせていただきます。
よろしくお願いします。
 
 

特設展「土佐藩の人々―年譜書の世界―展」のご案内

 投稿者:土佐山内家宝物資料館  投稿日:2012年10月11日(木)08時55分35秒
  いつもお世話になっております。土佐山内家宝物資料館です。
今日は現在開催している特設展「土佐藩の人々―年譜書の世界―展」についてご案内させていただきます。

将軍を頂点とする江戸幕府の支配機構の一部である「藩」は、同時に藩主を頂点とする一つの小国家でした。藩政の運営は武士たちによって行われましたが、実際の政治では、武士だけではなく村役人や地下浪人、諸職人や宗教者などさまざまな人々が関わりをもちながら総体としての土佐藩が動いていました。
旧土佐藩主山内家に伝来した資料の中には、土佐藩年譜類と呼ばれる約700冊の帳簿があり、そこには藩庁が把握していた人々、約9万人の詳細な履歴が記されています。
本展示では土佐藩年譜類を中心資料として、近年の調査成果により明らかになった土佐藩の人々の姿を紹介します。また会場では年譜書に載っている人物の姓名をパソコンで検索することができます。ご来館の際は、ぜひ体験してみて下さい。

さらに、11月24日(日)の午前10時~11時には展示解説会を行います(入館料が必要となります)。


・開催日時 平成24年9月28日(金)~12月3日(月) 午前9時~午後5時

・会  場 土佐山内家宝物資料館(高知市鷹匠町2-4-26)

・休 館 日 会期中無休

・入 館 料 一般300円 高校生以下・高知県および高知市長寿手帳をお持ちの方は無料
     ※身障者手帳・療育手帳・障害者手帳・戦傷病者及び被爆者健康手帳所持者とその介護者 (1名)は無料
     ※団体(20名以上)・高知城懐徳館入館券をお持ちの方は2割引

この他、資料館では様々な行事も開催しております。詳しくはホームページをご覧下さい。
 http://www10.ocn.ne.jp/~yamauchi/

皆様のご来館、ご参加をお待ちしております。

土佐山内家宝物資料館
〒780-0862 高知市鷹匠町2-4-26  電話/FAX (088)873-0406
 

夏休み恒例 特設展「土佐藩歴代藩主展」のご案内

 投稿者:土佐山内家宝物資料館  投稿日:2012年 6月27日(水)09時11分3秒
   いつもお世話になっております。土佐山内家宝物資料館です。
 今日は7月13日(金)から開催する夏休み恒例特設展「土佐藩歴代藩主展」についてご案内させていただきます。

 関ヶ原戦の功績により山内一豊が土佐国を拝領して以来、およそ270年間、幕末維新にいたるまで、土佐藩は一貫して山内家が藩主をつとめました。この間、藩主をつとめた人物は16人。今回の展示では、旧土佐藩主山内家に伝わった古文書や美術工芸品などから、彼らの素顔と土佐藩270年の歴史に迫ります。
歴代の藩主は、ときに時代に翻弄されながらも、様々な個性をもって時代に挑み続けました。克服できない時代の流れ、藩政に影響を与えた藩主の個性など、それらの相克を彼らの遺品を中心に紹介します。また、山内氏の入国前に土佐を治めていた長宗我部氏に関する資料もあわせて展示します。

 会場には、展示を見ながら完成させる小中学生用の学習シートを準備しています。また、12代藩主豊資作と伝わる謡曲「大嶋山」を聞くこともできます。ぜひこの機会に、歴代藩主の素顔に触れてみてください。

 また、8月12日(日)、8月26日(日)の午前10時~11時には展示解説会を行います(入館料が必要となります)。さらに、9月23日(日)午後2時~3時30分まで山内会館にて特別講座「藩主の一生」を行います。多くの皆様のご参加をお待ちしております。
※特別講座は事前申し込みが必要です。詳しくは山内資料館までお問い合わせ下さい。


・展覧会会期 平成24年7月13日(金)~9月24日(月) 午前9時~午後5時

・会 場 土佐山内家宝物資料館(高知市鷹匠町2-4-26)

・休館日 会期中無休

・入館料 一般300円 高校生以下・高知県および高知市長寿手帳をお持ちの方は無料
 ※身障者手帳・療育手帳・障害者手帳・戦傷病者及び被爆者健康手帳所持者とその介護
  者(1名)は無料
 ※団体(20名以上)・高知城懐徳館入館券をお持ちの方は2割引

 この他、資料館では様々な行事も開催しております。
 詳しくはホームページをご覧下さい。 http://www10.ocn.ne.jp/~yamauchi/

皆様のご来館、ご参加をお待ちしております。

土佐山内家宝物資料館
〒780-0862 高知市鷹匠町2-4-26
電話/FAX (088)873-0406
 

自由民権記念館企画展「憲法発布と錦絵」の開催について

 投稿者:高知市民権・文化財課 徳平  投稿日:2012年 4月18日(水)16時59分52秒
  自由民権記念館では、4/28~6/10の期間、企画展「憲法発布と錦絵」を開催いたします。詳細については、企画展特設サイトを参照してください。

http://www.city.kochi.kochi.jp/deeps/20/2006/muse/minken/minken.html

また、現在開催中の企画展「旅するアンティーク・ルイ・ヴィトン」展に関連し、4/28~5/6までの期間、常設展示室にてミニ展示「板垣洋行」を開催いたします。この展示は、板垣退助に1882~83年にかけておこなったヨーロッパ視察について紹介するものです。以前の企画展「板垣退助愛蔵品展」で話題となったルイ・ヴィトン社製のトランクも展示いたします。

ぜひご来館ください。
 

博物館巡回講座&出前図書館お疲れ様でした

 投稿者:宮崎@高知市民図書館  投稿日:2011年12月 5日(月)01時03分55秒
  興味がありそうな方に連絡したら、行ってきた&本も借りてきたーと喜んでいただきました。

ありがとうございました。
あやうくぬかるところでした。

さすがに各館のHPを毎日チェックするのは無理なので、告知してくださると助かります。
 

出前図書館やります。

 投稿者:渡邊@県図  投稿日:2011年12月 1日(木)13時35分13秒
  12月3日(土)に高知県立歴史民俗資料館で今年度第6回目の博物館巡回講座が開かれますが、当日会場で高知県立図書館の出前図書館が開館します。
講座内容に関係のある図書など50冊ほどを並べ、当日その場で貸出もいたします。
皆さま、ぜひぜひお立ち寄りくださいませ。
 

告知ありがとうございました。

 投稿者:宮崎@高知市民図書館  投稿日:2011年11月20日(日)23時11分11秒
  図書館でもチラシをお預かりしていたので、著書といっしょにご案内させていただきました。
保護者の方が「かぎばあさん!懐かしい!!続編があるなんて知らんかった!」と借りてゆかれました。

ありがとうございました。

 

児童生徒文学作品朗読コンクール

 投稿者:文学館の北添メール  投稿日:2011年11月 9日(水)12時15分51秒
  11月13日(日)に高知県立文学館で「第14回児童生徒文学作品朗読コンクール」県審査が行われます。朗読を通して文学に親しむ子どもたちを育てたいと願い、毎年開催し、今年で14回をむかえました。8月の地区審査で選出された25名の小中学生が、県審査に挑みます。子ども達の素直な心で表現される朗読を、ぜひ、お聞きください。
コンクール終了後、『ふしぎなかぎばあさん』や『盲導犬サーブ』、『ナターシャ チェルノブイリの歌姫』などの著作で有名な児童文学作家・手島悠介氏の講演(テーマ「盲導犬サーブと原発事故」)も開催されます。また、表彰式後、手島悠介氏の本を購入された方を対象にサイン会を行います。(先着80名様まで)。

日     時   平成23年11月13日(日)
朗読コンクール   13時~14時35分
記念講演会     14時45分~15時45分
          (予定 コンクールが終わり次第記念講演会をはじめます。)
会       場     高知県立文学館ホール
               高知市丸ノ内1丁目1-20
           ℡088-822-0231
 

ミュージアムネットワーク巡回講座

 投稿者:県文化財団の河村メール  投稿日:2011年11月 9日(水)09時06分54秒
  11月19日(土)に北川村民会館で「こうちミュージアムネットワーク主催 博物館巡回講座」を開催します(詳細は下記のとおり)。歴史、美術、文学、自然史と様々な分野について知る機会です。会員館のみなさんも、ぜひお越しください。
イベントチラシの配布や設置もできますので、「展覧会の宣伝したい!」という館は事務局までチラシ、ポスター等をお送りください。(会場の都合で、配布、設置ができない場合もあります。)

◆こうちミュージアムネットワーク主催 第5回博物館巡回講座
日時 11月19日(土)13:00開場 13:30開演(15:30頃終了)
会場 北川村民会館 2階研修室
内容
《武市半平太の手紙を読む②》 講師 高知県立歴史民俗資料館 野本亮
《禁門の変における土佐勤王志士》 講師 北川村立中岡慎太郎館 豊田満広
参加無料(定員50名程度・事前申し込み不要)





 

震災被害支援のご案内です

 投稿者:フ@山内  投稿日:2011年 3月17日(木)22時35分50秒
  東北を中心に甚大な被害を出した震災ですが、被災資料の救済に向け、歴史資料ネットワーク(史料ネット)が活動を始めています。
福島・宮城の博物館や大学等の機関は、開館の目処も立たない状況のようですが、ようやくブログを通じて近況の報告もありました。
同じ文化施設で働く者として、職員の方からもたらされた博物館の様子には胸が痛みます。
ぜひ、一度ブログに足を運んで見てください。
まだご存じでない方が周りにいらしたら、お知らせいただけましたら幸いです。

<歴史資料ネットワーク ブログ>
http://blogs.yahoo.co.jp/siryo_net

<ふくしま歴史資料保存ネットワーク暫定ブログ>
http://blog.ap.teacup.com/fukushimanet/

<全史料協HP掲載の福島県歴史資料館の状況>
http://www.jsai.jp/info20110316.pdf
 

レンタル掲示板
/6