teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. パーツ輸入計画板(59)
  2. 東部ミーティング関係の板(63)
  3. キャンプツーリング板(15)
  4. 思い出の保存アレコレ:カメラ等(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


備忘 セミトラ

 投稿者:ギミック  投稿日:2017年 7月 2日(日)19時32分17秒
返信・引用 編集済
  以前から気にしていたツーリングでの点火系のトラブルだが、
無接点点火は予備パーツがなければ回復は不可能であり、
ウラルではパーツの信頼度が不明すぎてリスクである。
ポイントなら予備も割と安価で、微調整はアレでもとりあえず復旧はできる可能性が高いと判断した。

そこで良い所取りと思われるセミトラだが、

永井電子が15000円ほど、他社の自作品?もけっこういいお値段である。
昔のセミトラは不調が多かったとよく聞くが。。。

ネットでだいぶ前から出回っている簡素なセミトラ回路がある。
これをまず復旧作業中のエアラ用に製作した。

不評や改良版情報がないので再現性が高く評価がいいのだろう。

考案者に感謝したい。

コツとして、ポイントに若干のスパークを発生させる回路とし、
ポイント面の清浄作用を持たせてあるとのこと。
昔のセミトラはこの配慮がなくて不通になりやすいと言う事らしい。

回路図のTRは廃版らしいが、同等品(画像下のTR型番)が秋月で売っている。
年々コンパクトになり放熱も減っている。
抵抗の値は一次抵抗の値(通常3Ω以上)によっては変更が必要とのこと。


これは1コイル用(シングルまたはツインエンジン)回路である。

4気筒(2コイル)には2回路並列にて、対応できる。
部品代はアルミケース込みで2,000円ほどだ。

マッハなど3気筒なら3コイルだと思うので、3回路必要だろう。

注意点は以下のとおり

電源とケースは共通化出来るが
金属ケースに放熱するとすべてのTRのC端子(コレクタ)が導通して、
おかしいことになるのでダメ
よって絶縁ワッシャーとシリコン放熱シートを用いるか
樹脂ケースを使用する事。

キーOnのときはエンジン停止でも回路は電力を消費している。

検証 実走はまだ

始動性、アイドリングは向上した。
高回転には体感効果はないらしい。
ポイントのアーク摩耗が減ることが見込まれるので
パーツの寿命延長を期待したい。

グールガンで簡易に防振加工し、
ゴムに包んでバッテリ前に押し込んだ。
自走して問題なければシリコン充填かな。

もし、コイルへの12Vが1V以上降下しているならば
リレー回路でバッテリーから引いた方がいいだろう。

画像の下段の回路は私の試作回路、試してないけど。
 
 

HP転送障害

 投稿者:ギミック  投稿日:2016年12月29日(木)20時58分20秒
返信・引用
  12/26あたりからwww.gimmic.bizからの転送に障害が発生
http://gimmic2.easy-magic.com/user/
をブックマークください。

なんのXマスプレゼントだよ。yahooドメインいい加減に(ry
 

備忘 XL250Sライト切れ

 投稿者:ギミック  投稿日:2016年 9月26日(月)00時02分14秒
返信・引用
  XL250S XL125Sの発電コイルは2つ付いている。
(エンジン始動しないとライトが点かないタイプ)
1、IGコイルとヘドライトの系統
2、ウインカー、尾灯、インジケーター、バッテリー充電の系統
なお1と2はつながってはいるらしいが2で1を補完するには電力が足りない。

純正6vの場合の考察

1、ノーマル電球を使用すること
(ハロゲンPH8型は当時から切れやすいと不評とのこと)
2、端子のゆるみ、酸化を清浄化すること
3、開放型バッテリーの新品を用いること
(MF型は切れの元、開放型で回路が設計されている、バッテリーの液減に注意、この回路のバッテリーの寿命は長くない、それがデフォ)
4、バッテリーレスは球切れ、発電コイル死亡の要因
 

関東会議2015

 投稿者:ギミック  投稿日:2015年10月25日(日)11時49分32秒
返信・引用
  ご参加ありがとうございました!
ご案内が遅れた方々にはお詫び申し上げあます。
 

関東会議2015

 投稿者:ギミック  投稿日:2015年10月22日(木)00時09分0秒
返信・引用
  日 程     2015年10月24日(土)~25日(日)
会 場     あきる野キャンプ場麦の郷
所在地     190-0174東京都あきる野市乙津2302
        http://www.akiruno-camp.com/

受 付     つくねコム掲示板 http://8931.teacup.com/gimmic/bbs
         またはキャンプ場電話にて  090-6130-9661

        参加日 人数 日帰りor泊まりを明記の上

当日受付開始  24日 13時より

参加費     1泊2000円/人 コテージ泊
        (寝袋、24hシャワー、P無料、会員非会員問わず)
        同伴者1500円 中学生以下1000円
        1日目 日帰り 500円
        2日目 日帰り 無料

男女別部屋、暖房付 テントも可能
飲食物、燃料、器具は持参して各自調理してください。
ゴミは会場側が無料引取りします。分別にご協力下さい。
参加車種は問いません。見学可能。

お気軽にどうぞ。
朝晩は10℃以下になります。防寒装備持参の上で。
 

全国会議 岐阜

 投稿者:ギミック  投稿日:2015年10月21日(水)23時58分19秒
返信・引用 編集済
  秋の甲子園みたいな行事
この10年で4回目の参加で7年振りでした。
予選(仕事の調整と試運転)は突破したのですが、

往路で高速降りた時コイルが半死したらしく高回転のみ不調となりました。キャンプ地入りも危ぶまれました。

翌日、プラグ交換、進角調整、ポイント交換、調整、試走を繰り返し、一旦復調しましたが、最終日の帰路、再度の調整後わずか20分で最高速が落ちたため熱によるコイル不良と気付きました。

予備コイルはフミくんからの提供品を持参してました。フミくんありがとうございました!
高速走らないと出ない症状なので炙り出しというか禊みたいなものかな。

好天のため気温が高く熱ダレにも苦心しました。80キロペースを保てないので更なる改修が必要です。

原因判明に時間がかかり過ぎましたが自走で帰還できたので辛勝といったところでしょうか。

コンクリートでキャブを削った10年前のようにギリギリ敗退(レッカー)を回避した旅でした。
お世話になった皆さまありがとうございました。

古いコイルは黙って交換したほうが無難ですね。眠り爆弾の様な物です。うちのは40年目でした。

帰ってからも微妙に調整がうまく行かず、ポイント点火はもう卒業したいと思っています。
 

ウラルM67 ファイナル油漏れ修理

 投稿者:ギミック  投稿日:2014年11月15日(土)01時09分20秒
返信・引用 編集済
  Rドラム側のシールを交換
ゴム板のシールパッキンの内穴にはスプリングリングがついていて車軸を絞めるつくり
取付時のパッキンの最下部にネジ穴ではない穴があった。
グリスとスラッジが詰まっていたが、ギアボックスからの漏えい油のドレンホールのようだ。
パッキン抑えのプレートは車軸部からの漏えい油を集めドレンに流す構造がされている。
グリスが多く流れると詰まってしまうだろう。
ドレンが正常ならオイル漏れしてもブレーキシューがオイル漬けになることはない構造と思われる。
漏れないように作るんじゃないのね。

新品パッキンの擦過部には少しグリスを塗って取付。
アイドリングして回転異音を確認、試運転は明日。ツーリング本番も明日。。。
 

ウラルM67 車検 10800km

 投稿者:ギミック  投稿日:2014年11月14日(金)02時28分36秒
返信・引用 編集済
  取得できたけどファイナル漏れてる。土日に間に合うのかな?

IMZの点火ユニットはM67に流用できない。
1、点火ユニットの取り付け寸法が違う。見た目ほぼ同じだが嵌らない。
2、たぶん軸の回転方向が違う。カムシャフトの転が逆と聞いたことがある。
3、ガバナーは付くがカムが180度ずれてる感じ。鏡面反転のような感じ。しかも右片肺でエンジンかかってしまう。左はアフターバーンするが点火しない。
4、コンタクトポイントの軸も微妙に太さが違うので流用できない。
5、コンデンサは流用できる。

フェンダーとホーンは外すかずらさないと作業しにくい。
コンタクトへの12v入力線に電球をアース間に挟めばタイミング調整用ランプになる。


寒冷期の始動について
6番プラグを試しに使用。時速40km弱までは走れる。
始動性がすこぶる良いのでテスト用には便利。
不動が長くかぶりまくった燃焼室には都合が良い。

ホイルをローテしたらブレーキが利かない。

ファイナルの漏れが直らないと遠出は無理だなぁ。部品取りのは錆びてひどい有様。
 

K100RS 始動方法と始動不良

 投稿者:ギミック  投稿日:2014年11月 4日(火)17時03分54秒
返信・引用
  1、セルを一瞬回して、ギアの飛び込みと燃料ポンプの動作音を確認する。
2、チョークを引いて(冬は全チョーク、それ以外は半分程度)再度セルON
3、かかったらチョーク維持のまま走行する、5~10分ほど走ったらチョークは戻す。
4、始動後に走行せず数分のアイドリングだけで止めるとかぶる、
チョーク始動後は燃料噴射が多いから温まるできるまで止めてはいけない。
BMWは停車アイドリングして良いようには作っていない。国産とは違う。

始動不良
バッテリーが上がるほどセルしてもかからないときは、プラグを清掃、乾燥、または交換。
酷くかぶったプラグは交換対象である。できれば純正指定が良い
プラグを抜いて燃焼室をエアブローすると良い。よく乾かすこと。
セルを回すと燃料が出るので解決しない。

始動後はすぐに30分以上走行してコンディションを整えること。
 

k100RS車検 28100km

 投稿者:ギミック  投稿日:2014年 9月13日(土)23時19分36秒
返信・引用
  オイル交換 15w50 3.75L
エレメント交換
ドレンワッシャー交換
リヤブレーキオイル交換

ハンドルロックが渋いのでUロックで対応
 

レンタル掲示板
/113